愛用品をまとめた「楽天ROOM」はこちら >

「テスコム毛玉クリーナー」が最強は本当だった!ニットに使ってみたレビュー

冬時期に着るニットやコートは、毛玉取り器で綺麗にしてから着るようにしています。

2年前に購入し、まだまだ現役のテスコム毛玉取り器(毛玉クリーナー)。

あや

これを買ってからはお気に入りの服が長く着れるようになりました!

私が使っているのは「KD778」ですが、「KD901(毛玉トレタ)」が2020年現在の最新モデルです。

目次

テスコムの毛玉取りクリーナーとは

テスコムの毛玉クリーナー
サイズ高さ105×幅58×奥行170mm(風合いガード別)
重量165g
素材本体/ABS、ダストケース/PP
セット内容掃除用ブラシ/風合いガード/アダプター/世界の電圧とプラグ一覧

テスコムの毛玉取りは、電源プラグだから電池式と違ってパワーが落ちないのがメリット!

あや

これは使えばわかる。電池式とはまるでパワーが違います。

もう毛玉クリーナーはテスコムしか使えません!

テスコム毛玉クリーナー「KD778」「KD901」との違いは?

私が使っているのは「KD778」と少し古い機種ですが、最低限の機能がついた毛玉取り器という感じ。

最新式の「KD901」は日本製の大型刃に進化し、さらに「5段階の風合いガード」、タイツに使える「デリケートガード」、ソファやクッションに使える「ブラシアタッチメント」が付いている上位機種って感じです。

そして、「KD901」は充電・交流両用の2WAYだから、コードレスでも使えます。

あや

私の持っている「KD778」は3段階のガードで、コードレスでは使えません。

私はコードレスで使えなくても特に不便とは感じないし、毛玉取り機能も申し分ないので満足しています。

それに、電源プラグに挿して使うといつまでもパワーが落ちないんですね。

でも、コードレスで使えたら便利は便利なので今から買うなら最新式がいいと思いますが、「KD778」は少し価格が安いのもあって大人気。

Amazonレビューは2,600件を超えています

テスコム毛玉クリーナーをニットで使ってみた

さっそく、テスコムの毛玉取り器を使ってみた写真がこちら。

テスコムの毛玉クリーナーを使う前と使った後

毛玉だらけでみすぼらしいニットが、ここまで綺麗に復活しました!

新品のようじゃないですか?

3段階調整できるガードはこんな感じ。ガードをスライドすると変えられます。

テスコムの毛玉クリーナーの3段階のアタッチメント

私はいつも「高」でやって、取りきれないときは「低」にしています。

取れた毛玉を捨てるのも簡単

テスコムの毛玉クリーナーのゴミ捨ては、とても簡単。

ゴミが溜まる部分を下方向へスライドするとカバーが外れるので、

テスコムの毛玉クリーナーのゴミ捨て

ぽいっと捨てるだけ!

テスコムの毛玉クリーナーで取れた毛玉
1着でこんなに毛玉が取れた!

生地を削っている感は否めないですが、新品のように綺麗なニットになるので大満足です。

テスコムの毛玉取りクリーナーを使えばニットが新品のように元通り!

毛玉だらけになると部屋着に降格したり捨てたりする人も多いと思うんですが、テスコムの毛玉クリーナーを使えば綺麗になるのでお気に入りの服が長く着れます。

他にも、マフラーやコートなど、そうそう買い換えないものにも愛用中。

毛玉に困っている人は、ぜひ使ってみてください。

おすすめ記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる