愛用品をまとめた「楽天ROOM」はこちら >

門柱前の植栽が枯れたので自分で植え替えました。【モダン外構】#DIY

URLをコピーする
URLをコピーしました!

以前、坪庭に植えた植栽が枯れて自分で植え替えたというブログを書きましたが…↓

実は、門柱前の植栽も結構前に枯れていました。(枯らせる天才か。植物に謝れ。)

あや

私以外だーれもお世話しないので、私が放置するとそりゃ枯れちゃいますよね。。植わってた植栽ちゃん、本当にごめんね。。

門柱前の枯れた植栽は結構前に抜いて、しばらく更地のままでした。

余裕ができたら植え替えをしようとずっと思っていて、今回やっと植え替えをしたのでブログに残しておこうと思います。

目次

門柱前の植栽、元はコルジリネレッドスター、アイビーでした

門柱前の植栽はコルジリネレッドスターとアイビーでロックガーデン風

坪庭にも植わっていたコルジリネレッドスター。

お手入れが楽な植栽がいいと外構屋さんに希望を出したので、多分2箇所に植えられたのだと思います。

伸びると下の方の葉が垂れてくるから、普段のお手入れは垂れた葉をむしるくらい。

6年間のあいだ、夏も冬も乗り越えてくれたし、育てやすい植物だと思います。

モダン外構の植栽。コルジリネレッドスター、アイビー
z

↑こうなるとむしった方がいいですね。葉の色も悪いです。

改めて見ても、かっこいいなぁ。ダークカラーの門柱に合っていて気に入っていたのですが、突然茎がボキッと折れて倒れました……。

風が強かった日だったかなぁ。朝見たら折れていてびっくりしました。前日までなんともなかったのに。

あや

コルジリネは折れても断面を綺麗にしてあげれば1ヶ月ほどで新芽が出るらしいのですが、我が家のコルジリネはうんともすんとも……。
気づかなかっただけで弱っていたのかなぁ。

というわけで、残念だけど抜くことにしました。

外構屋さんにお任せしたら選ばれたアイビーは元気でしたが、すぐ伸びて道路へ飛び出すし、こまめに切り戻ししないと中のほうが蒸れて枯れて落ち葉になり、落ち葉が細かい石に挟まって汚れる……と、結構大変だったのでアイビーにも申し訳ないけど抜くことにしました。

(写真でわかりますよね。枯れたアイビーの小さな葉っぱがあちこちに散らかっています。汗)

門柱前の花壇の整地、土作りからスタート

植栽を抜いたのが結構前で、しばらく放置気味だったので土を掘り返すところからスタートしました。

表面に白の細かい石が敷き詰められていたので、石をどかしながら掘り返すとゴロゴロと大きな石がたくさん出てきました……!

10cmくらい掘っただけで石だらけ。それに、錆びた釘やタイルの破片などがゴロゴロ出てきてびっくり!

あや

え、これ植栽植えるときに気づくよね?それともあえて埋めたの?ってレベル。

草花を植えるときは20cm程度、「苗の1.5~2倍ほどの植え穴を掘る」とのことで、石を取り除きながら掘り進めるとなんと15cmほど下は粘土……!

あや

コルジリネが折れて復活しなかったのは土の中身が原因では?いやでも6年育ってたから違うのかな……。

ある程度の粘土を取り除いて、埋まってた石を1番下に敷き詰めてから赤玉土と腐葉土、もともとあった土を混ぜて戻しました。

念の為2週間ほど放置して土を馴染ませました。これで土部分は20cm以上になりました!

新しい植栽はマホニアコンフューサ、オタフクナンテン、アジュガに決定

モダン外構門柱前の植栽。マホニアコンフューサ、オタフクナンテン、アジュガ

私はもう一度コルジリネを植えたかったのですが、夫に反対されたので違う庭木を植えることに。笑

植木屋さんに外構の写真と元の植栽の写真を見せながら相談して決めたのが、マホニアコンフューサとオタフクナンテン、アジュガです。

実際は相談と言うより植木屋さんがこれとこれとこれ!って植栽だけでなく植える位置、石を置く場所まで全部決めてくれました。笑

マホニアコンフューサ

マホニアコンフューサ

この部分は表札があって、低木というより下草に使われる植物(大きく成長しない草花)しか植えられません。

表札にかからない唯一の場所に、下草の中でも少し背が高めのマホニアコンヒューサを植えました。

マホニアは、以前坪庭にあって好きだった植栽。スタイリッシュな見た目が好きです。

マホニアコンフューサの特徴
  • 日陰に強いが日当たりがいい場所も大好きな常緑樹
  • 乾燥に弱く、乾燥すると葉が黄色くなる
  • 剪定は、上に伸びたら茎の先端から一節下を切る「摘芯」を3月か6月ごろに行う

オタフクナンテン

オタフクナンテン
この隙間に石を置け!と植木屋さんに言われた通り置いた。笑

オタフクナンテンも常緑で、秋には紅葉する植物。ころんとしてて可愛らしいですよね。3本植えました。

剪定は込み合った枝をカットする程度で、勝手に丸い形になってくれるので育てやすい植物です。

オタフクナンテンの特徴
  • 日陰すぎると紅葉しにくい。半日陰が好き
  • 真夏の日照りが続く日以外は水やり不要
  • 肥料は春の生育期と秋の結実前にリン酸が多いものを少量与える
  • カイガラムシに注意

アジュガ

オタフクナンテンとアジュガ

手前の3箇所に植えたアジュガ。小さくて可愛いですよね。4月から5月に花が咲くようです。

アジュガは耐寒性多年草で、春に青紫やピンクの花が咲くシソ科の植物。

「そのうち増えてくるから、そしたら掘ってそのへん(シンボルツリーらへん)にポイっと植えとけばええ」って植木屋さんに言われました。笑

アジュガの特徴
  • 根が浅いので乾燥に注意。表面が乾き気味になったらたっぷり水を与え、湿った状態を維持が理想
  • 横に広がっていくので伸びてくるランナーを適宜誘導、剪定で調整する
  • グランドカバーにぴったり

そういえばアジュガって色々種類があるけど、これはチョコレートチップかな??(聞き忘れた。笑)

門柱前の全体図がこちら。雨の日に撮ったので全体的に濡れちゃってますが。

モダン外構の門柱前の植木、植物

植木屋さんに「しっかり水をあげて!」と言われたので、植えてすぐは毎日朝に水やり。梅雨の晴れ間の暑すぎる日は夕方にも水をあげました。

暑い日も落ち着いて今は本格的に梅雨入りしたのか雨が続いているので、雨が多い日は水はあげずに様子を見ています。

うまく根付いてくれるといいなぁ。

次はシンボルツリーまわりの石を撤去したい

モダン外構のロックガーデン。門柱前の植栽

↑この写真が1番わかりやすいかな。我が家はシンボルツリーをシマトネリコとシラカシの2本を植えて、まわりを白い石で飾ってあります。(今はもうシマトネリコはないですが)

最近シラカシ(写真右の木)の元気がなくて、葉っぱが茶色くなっていました。植木屋さんに水不足と暑さが原因だと言われました。(たしかに、5月なのに30度を越す日が多かったんです)

植木屋さんに「暑い日は石の下はめちゃくちゃ熱くなるから良くないんだよ。もう石は取っちゃえ!葉っぱ植えたほうがかっこええやろ〜」と言われまして。

今回門柱まわりが完成したので、次はシラカシの場所をなんとかしたいなぁと。ひとまず根元だけでもと思い、石をどかして周りを軽く掘ってみました。

すると、土が全然なくて少し掘っただけで根っこが見えちゃうし、しかも根っこが横に伸びてるから他の植物を植えられるのかな……という状態。

さらに、こちらも錆びた釘とタイルが出てきました。ほんとどうなってるの!?!?

やることいっぱいなので、また植木屋さんに相談して進めていきたいと思います。

坪庭DIYはこちら↓(最近石にうんざりしているのでここの石も取り除きたい衝動に駆られてます)

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる