小学生の子供が入院してわかった、本当に役立った暇つぶしグッズ4つ

こんにちは!

我が家の子供(長男)は1週間から10日間入院と言われていて、術後は絶対安静、そして点滴をつけることもわかっていました。

入院準備は前もってしておいたんですが、「これは大正解!」「これは必要なかったな」と思ったりいろいろでした。

そこで今回は、子供の入院中に本当に役に立ったものだけを紹介します。これから入院する子供のママさんの参考になれば嬉しいです。

1.ポータブルDVDプレイヤーが暇つぶしに最適

術後は絶対安静だったので、できれば寝転んだまま、手や体を動かさずに時間が潰せるようなものが理想でした。そこでポータブルDVDプレイヤーを持ち込むことにしたんですが、これが大正解!!

病院の近くにゲオがあったので、入院前に一緒に寄ってDVDをどっさり借りて行ったんですけど、ポケモン大好きの子供は、「あれも!これも!」と大喜び。結局入院中に歴代のポケモン映画を全てを見たし、最新作の妖怪ウォッチも見れて喜んでいました。

やっぱり好きなアニメだと真剣に見ていたからあまり動くこともなく、傷跡を刺激することもありませんでした。点滴が引っかかることもなかったし、これは大正解のアイテムでした。

それに、こんなにのんびりDVDが見られる機会なんて家ではなかなかないから新鮮だったようで。子供は今になって「入院中楽しかった」なんて言ってます。(笑)

自宅では、目が悪くなるからもうおしまい!と私が終わらせることがよくあるんですが、入院中は仕方ない、特別!と思って割り切りました。

ポータブルDVDプレイヤーはちょっと高いけど、入院中だけじゃなくて普段は家の中でも使えるし、防水ならキッチンやお風呂でも使えます。

車の中でもDVDが見れるので、旅行などの長距離移動のときにも我が家では活躍中。入院を機に購入しても、いろいろと使える場面があるので、1台あっても無駄にならないと思います。

子供が入院した部屋にはテレビがついていましたが、DVDは見ることができませんでした。しかも、テレビも無料じゃないんですよね。テレビカードを購入しないと見れないようになっていたので、病院のテレビは全くつけませんでした。

ポータブルDVDプレーヤーだとテレビも見れるので、テレビカードを買わなくてもいいんです。夜は一緒にバラエティ番組を見ていましたよ。本当に大活躍のアイテムでした。

ネット環境があれば動画サービスもおすすめ

子供が入院した病院はWi-Fiはありませんでしたが、有線LANは使えました。これは病院によって違うので確認が必要かと思いますが、ネット環境があれば動画サービスを使うのもおすすめです。

どれもアニメやドラマが見放題ですし、我が家が契約しているhuluには「アンパンマン」や「いないいないばあ」があるので、小さい子供には特におすすめかも。

私はhuluで「デスパレートな妻たち」を全シリーズ見てるし、入院中は子供がDVDを見ている間に「今夜くらべてみました」を見ていました。結構面白かったぁ。

huluにもポケモンはあるんですが、我が家はもともと契約しているから子供は全て視聴済み。だから今回はDVDを借りて見ていたけど、入院期間中だけの契約でも良いと思います。

huluは2週間の無料期間があって、無料期間内でも解約できるんです。つまり、 2週間タダで見られるってこと!

U-NEXTAmazonプライムも最初の30日間は無料だし、何よりレンタルしにわざわざ店舗へ行かなくてもいいから、こういう動画サービスはお母さんの負担も減るんじゃないかな。

私も泊まり込んだし、子供が入院中はなかなか出歩けないので便利ですよ。

ちなみに、私はMacのPCを使っているんですが、LANケーブルは純正のケーブルを使って繋ぎました。

2.ポータブルゲーム機でゲーム!我が家は3DSが大活躍

我が家はポータブルゲームの3DSを持っているんですが、これも活躍しました。ポケモン好きの長男と一緒にポケットモンスター ムーンをやったんですが、私も夢中になるほど楽しかった!

ポケモンは赤から始まってダイヤモンドやプラチナもやっていた私。大好きだったんですが、子供が生まれてからは忙しくなって全くノータッチでした。

ポケモンの種類が増えたからわかんないだろうなぁって思ってたんですけど、まだ昔のポケモンも出てくるんですね。ゲンガーやリザードンがメガ進化してて、懐かしいキャラがカッコ良くなっていました。

退院してからも子供と一緒にムーンをやってるんですが、やっぱり楽しいですね、ポケモンの魅力にどハマりしてる私です。(笑)

もうすぐ発売されるウルトラムーンやりたいなぁ。今やってるムーンのデータを引き継げるんだとか。

やり込み要素がいっぱいあって、ゲーマーの私的にかなり楽しい。予約すると特典がいっぱいあるので迷ってます。

女の子だと「どうぶつの森」とか良さそうですね。街を開発していったり、私も昔やっていたんですが面白いですよ。

3.本・漫画

ずっとゲームやDVDをやらせるのは、さすがに目が悪くなりそうで心配。たまには本も読みました。(本も目を使うんですが……)

とは言っても、子供用の雑誌についている付録を一緒に組み立てて遊んだり、クイズの本を購入して問題を出し合ったりとかそんな程度です。

本は家に帰ってからも読めるので、長く使えるという点でも良いと思います。ブックオフなどで中古の本を買うのも、安く済ませられるのでおすすめ。

私はAmazonで頼んだので翌日に届きました。Amazonはやっぱり便利ですね。

4.勉強ドリル

症状がかなり回復してきたころ、さすがにずっとゲームやアニメなのもなぁ……と思い、一応勉強のドリルもやりました。

とは言っても、今や大人気のうんこドリルを持参したので、遊びながら子供と一緒にやっただけですけどね。

全ての問題がうんこ基準のうんこメインなので、小学1年生の子供には大ヒットだったよう。面白おかしく勉強ができました。 うんこドリルは1年生〜6年生で習う漢字が全部問題になっているし、いいドリルだと思います。

うんこドリルはわからないけど、院内のコンビニ・本屋さんにも勉強ドリルは売っていました。幼児向けのひらがな・カタカナなどもあったので、入院中にのんびりお勉強するのも良いですよ。

塗り絵も楽しい

下の2歳児に役立った「塗り絵」や「お絵かき」。落ち着きのない、うるさい2歳児でも割と静かになります。

ちなみに、小さい子のクレヨンはこれがおすすめ。▼

うっかり子供が落書きしても水で落とせるし、ベッドのシーツについても軽くこすれば取れるので安心です。

大部屋だと子供でもイヤホンが必要!

大部屋でゲームやテレビ、DVDなどを見るときは、周りに迷惑がかからないよう子供でもイヤホンが必要です。大人用のイヤホンだとサイズが合わないので、最初は良くても長時間使ってるうちに耳が痛くなってしまうと思います。

もし持っていなかったら、入院前に子供用のイヤホンを準備しておいた方が良いですよ。

我が家も用意しておいたんですが、子供が「大部屋はいやだ!」と泣いて嫌がったので残念ながら出番はありませんでしたが……。でも部屋代が恐ろしく高額だったので、来年は大部屋にしてもらいます。(笑)イヤホンの出番はそれまでお預けですね。

今回の子供の手術は耳だったのでイヤホンにしましたが、ヘッドホンでもいいと思います。

イヤホンって耳にずっとつけてるとサイズが合ってても痛くなるし、ヘッドホンの方が違和感が少ないんじゃないかな?価格も2,000円しないので、子供の負担を考えるならヘッドホンの方が良いかもしれないですね。

まとめ*入院生活も楽しんだもの勝ち!

以上、小学校1年生の男の子が入院したときに役立ったもの4つでした。

手術後すぐは痛みだったりでなかなか思うように体が動かせないストレスがあるけど、術後しばらくしたらどんどん元気になって、元気なのに動いちゃいけないっていうストレスがやってきました。

ある程度元気になったら、看護師さんに許可を取って院内を散歩したりもしましたよ。コンビニで立ち読みしたり(笑)カフェでココア飲んだり。

今回お世話になった大病院は、すごく広いんです。「今日はあそこまで行ってみようか?」って2人で探検したりもしました。10日間の入院生活は、長いようであっという間でした。

つまらない〜と過ごすよりも、楽しく過ごした方が絶対トクですよ♪

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。