子育て中の専業主婦だった私が、在宅ワークでライターを始めたら本当に稼げた話

私、現在は「ライター」としてお仕事していますが、すっごく幸せなことだなぁって日々思ってます。

大好きな家で仕事ができて、子供や家事を優先できる。

これが本当に最高なんですよ。在宅ワークやライター業って最近では広まってきているけど、まだまだ「なんか怪しい」って思われることのほうが多いのかなって思います。

ネットって、便利な反面危険も伴うし。怪しいメルマガやセミナーって、たくさんありますしね。

でも、実際私は在宅ワークである程度稼いでます。子育て中の主婦が在宅ワークを始めるまでの経緯をここに残すことで、誰かの役に立つかもと思ったので記録します。

働くことを諦めていた私

なんだか自己紹介みたいになっちゃうんですけど、私の夫は単身赴任。二人の子供をひとりで育てているようなものです。私と夫の地元は近いし、今は地元近くに住んでいるけど、両親・義両親ともに働いてるから、気軽に子供を預けられる人がいません。

子供って、突然風邪引いて突然熱出すんですよね。特に冬なんて最悪。インフルエンザ・ノロウイルスに毎年かかるんです、我が家。今年も来るのかな、やだな。

ずっと働きたい気持ちはあったんですが、そんな状況で面接に行っても「子供熱出したらどうするの?」って言われるに決まっています。というか、言われました。

面接では「病児保育に預けます」とは言ったものの、それが正しいとは思えなくて結局辞めたんです。外で働くことを諦めていました。預け先がない以上、お話にならないですもんね。

在宅ワークを始めたきっかけは「主婦が稼ぐ!」をテレビで見た

すっごく曖昧な記憶なんですけど、テレビで「主婦が稼ぐ!」という特集をやっていたんです。誰が出ていたのかわかりませんが、「自宅でパソコンがあればできる」なんて言っていて、「はぁ?まじで?」となったわけです。

それこそがまさに「ライター」という職業でした。

当時はアフィリエイトの存在は知っていたけど、ライターという職業は知らなくて。「お小遣い程度になればいいな〜」って、軽い気持ちでライターを始めることにしたんです。

クラウドソーシングに登録して初心者ライターになった

クラウドソーシングっていうのは、ネットでお仕事を受注できるから在宅でも仕事ができるよっていう仕組み。仲介業者がいるから、未払いもないし安心なんです。

さっそく、クラウドソーシングの中でも大手のランサーズクラウドワークスに登録しました。登録したものの、最初は意味がわからずタスクをこなす日々でした。

タスクっていうのは、いわゆる体験談とかを書くだけ。1件10円とか30円とか100円とかで、正直安いんですが、当時専業主婦だった私は、自分でお金を稼いでるっていうのがすごく嬉しくて。

新しい化粧品買おうかな、服も欲しいなってワクワクでした。子供が寝たあと、夜な夜なタスクをこなす日々を続けました。

タスクで3,000円稼げたからプロジェクトに応募した

コツコツとタスクをやって、3,000円ほど稼げたので、プロジェクトに応募しました。プロジェクトっていうのは、タスクと違って仕事を発注する側(クライアント)の審査があります。この審査に通過しないと、お仕事はさせてもらえません。

でも、プロジェクトというのはクライアントにもよりますが、継続してお仕事がもらえるんです。当時はまだまだ初心者ライターでしたが、勇気を出してランサーズでプロジェクトに応募したんですが……全て審査で落ちました。(笑)

ランサーズ怖い……。

諦めずにクラウドワークスで同じようにプロジェクトに応募したら、なんと合格したんです!!!叫びましたね。

ayaka
やったー!!!

ここから、私のライターとしての人生が始まりました。最初は単価も安かったんですが、継続するうちにどんどん上がっていきました。

いいクライアントに出会えたからライターを続けられている

とはいえ、夫は単身赴任で不在のため、普段はワンオペ育児で家事も全て私。子供が病気になったら付きっ切りなので、納期がギリギリのお仕事は正直厳しいです。

私が今、主に仕事をいただいているのは納期がないんです。ほとんどが「1週間に○本」と指定されている中、このクライアントは正直珍しいと思います。

子供優先、家事優先、土日祝は絶対休み。

だからこそ、続けられているんです。これはクライアントに感謝ですね。

初心者でも副業でも、やってみたいと思ったらやってみるべき

無料ブログをやっていた頃から計算すると、ブログ歴は長いけど全くの初心者ライターだった私。そんな私でも、今はある程度稼ぐことができています。

本当に、パソコンがあればお仕事できます。あ、でも色々買い足したものもありますけどね。基本はパソコンがあれば大丈夫。スマホだけだと厳しいです。

クラウドソーシングの大手、ランサーズクラウドワークスも、ライター以外にもデザインやネーミングなど、いろいろなお仕事の募集があります。

登録は無料だし、仕事をもらっても全くお金はかかりません。報酬が決まると手数料は取られますけど、安心料だと思ってます。

在宅ワークをやろうか迷っている人は、登録だけでもしてみるのもアリだと思います。どんなお仕事があるか、見てるだけでも楽しいですよ。

実際、最初の頃は自分に何ができるのかわからなくて、仕事内容を眺める日々でした。でも、「やりたい!」と思った仕事に応募して、こんな普通の主婦でも継続してやらせて貰えてるんです。

私的に、初心者さんはクラウドワークスがおすすめ。だって、ランサーズは全敗しましたから。(笑)今もまだトラウマ。

私のように、最初はタスクをこなしていって、慣れたらプロジェクトに応募すると良いと思います。そのほうが自分のスキルも多少上がりますし。

以上、私がライターになった経緯でした。在宅ワーク仲間が増えると嬉しいなぁ。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。