【キッチン掃除】換気扇・シンク・排気口は一瞬でピカピカ!オキシクリーンを使って簡単キレイ

キッチンシンク丸ごとオキシクリーンで掃除

こんにちは!大掃除は少しずつやっていく、ズボラ主婦のAyakaです。

大掃除と言えば、キッチンの換気扇じゃないですか?溝があって掃除しにくいし、めんどうだから後回し……。

結果、こびりついた油だらけでやりたくない!という人も多いはず。

換気扇の溝って細かいから歯ブラシを使ってこすったりしても、なかなか落ちない……と嘆いてるアナタ!

オキシクリーンを使えば一回もこすらずに、頑固な油汚れだって一瞬で落とすことができますよ!

いわゆる「オキシ漬け」と呼ばれる方法なんですが、初めてやったときは感激しました。

でも少し注意点もあるので、詳しくやり方を解説しますね。

オキシクリーンを使ってキッチンの換気扇を掃除する方法

こちらの記事でも書いたんですが、オキシクリーンは酵素系の洗剤です。

酵素の力で汚れを剥がし取るので、カビや焦げ・油汚れ・食べこぼしの色染みなど、なんでも来い!の洗剤です。

塩素系のハイターと違ってツンとくるような臭いもないし、混ぜるな危険!でもないので安心して使える洗剤でもあります。

キッチンのシンクにオキシ溶液を作って換気扇などをぶっこむ、いわゆる「オキシ漬け」という方法。

これだとシンクも丸ごとお掃除もできちゃうんですよ。

(1)シンクにお湯を溜める

オキシ溶液を作るために、まずはシンクにお湯を溜めます。

オキシクリーンは50度以上で活性化するので、溜めている間に冷めることも考慮して、私は60度に設定しています。

排水溝の蓋があればそれを使えばいいですが、私は持っていません。いつもポリ袋を使います。

ポリ袋を排水溝部分に広げて乗せて、ステンレスのごみ受けを乗せ、蛇口からお湯を投入。

お湯の重さでポリ袋とごみ受けが固定されるので、簡単にお湯を溜めることができますよ。

しかも、ごみ受けもピカピカになるというメリット付きです。お試しあれ!

(2)オキシクリーンを溶かす

お湯を投入している間にオキシクリーンをザバっと入れます。お湯の勢いもあって、泡立ちながら綺麗に溶けて混ざります。

お湯10Lに対してオキシクリーンをスプーン1杯なので、だいたいスプーン3〜4杯くらいを目安に。

不安な人は菜箸などで混ぜてもOK!私はやりません。

(3)換気扇や排気口のパーツをオキシ溶液に入れる

お湯を溜めながら、キッチン周りの入れられるものは入れていきます。

私が入れているものはこのあたり。

オキシクリーンで掃除する換気扇・排気口など

換気扇周りと、排気口の網と中のパーツ・シンクで使っているステンレスの洗剤ラックなど。

しかし、換気扇のファンなど色々と撮り忘れがありました。記事の最後のほうにオキシ溶液に浸けた後の写真を貼るので、そちらで確認してくだささい。

 

ステンレスは大丈夫ですが、スチールは変色してしまうのでNGですよ。

(4)そのまま1〜2時間放置する

キッチンシンクでオキシクリーンを使って掃除

お湯をシンクのギリギリまで溜めて、そのまま放置します。

でも、 お湯の温度が下がりすぎると、せっかく浮いてきた油汚れがまたひっついてしまうので要注意。だいたい1〜2時間くらいで終わらせるようにしています。

写真をみてもらえばわかると思いますが、ラックもそのまま入れています。

はい、約1時間放置したものがコチラ。衝撃写真ですが晒します。(笑)

オキシクリーンに浸けると油汚れやホコリが浮いてお湯が黒くなる
アヤカ
お湯が真っ黒ー!

換気扇についていた、油汚れやホコリですかね、おそらく。とりあえず汚すぎる……。

汚いもの晒してすみません。いや、言い訳させてもらうと、正直夏から掃除してませんでした。(笑)

約半年の汚れが一瞬で浮いてくるオキシクリーンって、やっぱりすごいと思いません?

(5)オキシ溶液を抜いて洗い流す

シンクのオキシ溶液を流すんですが、私はポリ手袋をはめて腕を突っ込み、固定していたごみ受けを引っ張り出します。そしてポリ袋も取り除けば、一気にお湯が流れていきますよ。

このとき、まだ活性化してるオキシだから、キッチンの排水溝の奥の方も掃除できてる気がします。オキシクリーンは約6時間経過すると、効果がなくなる仕組みなので。

そして、浸け置きしていたものをお湯で洗い流します。油汚れなので、水だとまた固まってしまうので注意。

今回オキシ漬けした全貌がコチラ。

オキシクリーンで掃除した換気扇や排気口はピカピカ

ヘルシオの水受けも入れてました。(笑)全部ピッカピカになりましたよ!

複雑な形をしたキッチンの換気扇もこの通り。

\ピカーン/​​​

換気扇の溝の汚れもスッキリ落とせる

これ、本当に全くこすってません。油汚れどこいったの?ってほど、何にも付いていないんですよ。

あの汚いオキシ溶液に全て溶けてたんですよね。やっぱりすごい!

乾燥させれば、これらのお掃除は終わりです♪

オキシ溶液に浸けられないものはセスキで拭く

外せるものはオキシクリーンに入れてしまえばいいんですが、分解できない部分は拭くしかありません。

油汚れに強いセスキを使います。

セスキで拭くだけの簡単キッチン掃除

セスキは普段から使ってるんですが、マイクロファイバーと合わせると油汚れが一拭きで落ちるんです!しかも二度拭きしなくていいからラクちん。

換気扇の蓋や、開けた部分はセスキをシュッシュしてマイクロファイバーで拭きます。

セスキとマイクロファイバー布巾で簡単に油汚れは落ちる

排気口の掃除はダイソンとセスキを使う

排気口って、意外とゴミが落ちてるんですよね。まずはダイソンで吸い取って。

キッチンの排気口のゴミはダイソンで吸う

セスキをマイクロファイバーの布巾に染み込ませて拭きます。

キッチンの排気口の溝はセスキとマイクロファイバー布巾で拭く

これでキッチンの大掃除はおしまい!

オキシ溶液に浸けた放置時間を含まないと、トータル30分ほどで終わっちゃいました♪

オキシクリーンを使えばキッチン掃除は簡単

以上、私がやっているオキシクリーンを使ったキッチンの掃除方法でした。

オキシクリーンを買うまでは、あの複雑な作りの換気扇に四苦八苦していました。使い古した歯ブラシで溝を1つずつ擦ってたんですが、なかなか落ちないしすごく時間がかかる……。

その点、オキシはチャチャっと終わらせられるので、換気扇のお掃除が苦になりません。(もっと定期的にやるべきですが。笑)

でも、オキシクリーンならこびりついた汚れもしっかり浮かせて落としてくれるので、しばらく掃除をしていないお宅でも大丈夫かと思います。

ぜひやってみてください〜!

▼私が使っているものはコチラです。

オキシクリーンを使った掃除方法

オキシクリーンは、万能洗剤だからあちこちで使えるんです。こちらもどうぞ。

【オキシの使い方(1)】洗濯槽の掃除*カビを剥がして落とすからスッキリ&衝撃!

2017.10.13

【オキシの使い方(2)】お風呂の椅子についた水垢は放置でOK*簡単な掃除方法がこれだ

2017.11.12

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。