【オキシの使い方(1)】洗濯槽の掃除*カビを剥がして落とすからスッキリ&衝撃!

オキシクリーンでカビ取りした洗濯槽

洗濯槽のお掃除、どうしてますか?我が家は2年くらい前からずっとオキシを使って洗濯槽のお掃除をしているんですが、これはマジでおすすめしたい。

というか、やったことない人は絶対やるべし!!

強気ですみません。でも、本当にやってほしいんです。衝撃&驚愕なんです。

というわけで、オキシを使った洗濯槽のお掃除ネタは絶対書きたかったので書きます。ズボラな私が簡単な方法を編み出しました。

スポンサーリンク

洗濯槽クリーナーは酵素と塩素と2種類

洗濯槽クリーナーって、実は2種類あって、酵素系と塩素系と分かれているんです。

昔からあるのは塩素系。カビキラーの洗濯槽クリーナーとかが有名ですね。混ぜるな危険!って書いてあるやつです。

塩素系は次亜塩素酸ナトリウムが主成分で、 カビを分解するもの

どれくらい落ちたか目に見えないけど、殺菌作用もあるからカビ予防にもなります。

一方、オキシクリーンは酵素系で、 カビを剥がすもの

これがね、もうすごいんですよ。

どんどん出てくるんですよ、きったないカビが!!!

オキシで洗濯槽のお掃除をする理由

私はオキシクリーンを使うまで塩素系の洗濯槽クリーナーを使ってたんです。

臭いもしないし、洗濯物にカビだってついたことはなかったです。

初めてオキシクリーンを買ったとき、あれもこれもといろんな場所で試したくなって、何気なく洗濯槽にオキシ溶液を入れたんですよね。

そしたらもう、発狂したくなるレベルでした。

アヤカ
いや、発狂しました。なんだコレーーーー!!!って。

だって、塩素系だったものの、ずっと洗濯槽のお掃除はしていたんです。毎月ではないですけど、3〜4ヶ月に1回と定期的にやってました。

それなのに、もうカビがわんさかわんさかと……今までの洗濯槽クリーナーってなんだったの!?っていうレベルでした。

どうも、塩素系と酵素系は併用した方が良いみたいですね。 酵素で剥がし取って、取りきれない分は塩素で分解・殺菌してカビ予防というように。

まぁでも、当時は洗濯機の中にボンボン濡れた洗濯物を入れていたから自業自得でもあるんです。特別なカビ対策はしてなかった。

そんなことがあって以来、ずっとオキシクリーンを使ってます。

オキシクリーンで洗濯槽を掃除するやり方

私がいつもやってる方法です。正直手間ですが、 臭いもなくなるしなんだか洗濯槽の空気がスッキリしますよ。

1.オキシクリーンを洗濯槽に入れる

まず、お湯10Lに対してオキシクリーンスプーン1杯を洗濯槽にそのまま入れます。

私はめんどくさがりなのでそのまま入れちゃいますが、溶け残りが不安な人は先にオキシ溶液を作ってくださいね。

▼60度のお湯にオキシを入れて、

オキシクリーンの溶液の作り方

スプーンなどで混ぜる。オキシクリーン溶液の作り方

これでオキシ溶液の完成。ドボドボと洗濯槽に入れましょう。

なんども言いますが、私は洗濯槽にそのままオキシの粉末を入れてます。問題なくできますよ。

2.50℃以上のお湯を溜める

ここ、重要。 お湯!50度以上!でないと、オキシクリーンが活性化しません。 お湯を溜めてる間に温度が下がるので、私は60度のお湯を入れます。

バケツリレーでもいいんですが、ズボラ代表の私は編み出しましたよ!洗面所から洗濯槽へ!

オキシクリーンで洗濯槽の掃除をするときは、洗濯ホースを使うと簡単

お風呂に熱湯を溜められるとラクなんですけどね、我が家のお風呂は追い炊きもお湯張りもそこまでの高温に設定できません。

風呂水を洗濯で使うときに使う、ホースを使いました。最近は全く洗濯のときに風呂水を使わなくなったんですけど、このためだけに残してあります。

マステで固定して、このまま放置。ホースから洗濯槽にドボドボと熱湯が溜まっていきます。

このときに、お湯の勢いでオキシクリーンが溶けて泡立っていくんです。最初に溶かす必要はないって言ってたのはこのこと。ちゃんと溶けるんです。

洗面所で大きなバケツにお湯が溜められるなら、バケツでもいいと思います。オムニウッティの蓋つきバケツとか。以前レビューしています。▼

おしゃれな蓋付きバケツをレビュー*ゴミ箱にも使えるオムニウッティが便利

2017.09.03

ちなみに、バケツリレーでも勢いよくお湯を投入すればちゃんと溶けますよ。風呂水ホースを使う方法を思いつかなかった頃にやりました。

我が家の洗面所の蛇口は伸びないようになっているし、浅いのでバケツが入らないんです。

お風呂のシャワーでバケツにお湯を溜めて、リレーしていました。ものすごく大変でした。(汗)

3.洗いコースで6分まわす

洗濯槽にオキシ液が最高位までたっぷり溜まったら、「洗い」だけで洗濯機をまわします。

すすぎ・脱水はしません、洗いだけ。

4.ごみ取りネットで浮いたカスを取り除く

洗いコースが終わって洗濯槽を覗くと、泡がモコモコになってます。

オキシクリーンを使って洗濯槽の掃除。モコモコの泡が出ました

これがオキシクリーンのパワー!泡をどけると、カスが浮いてるはず。

私が初めてオキシを使ったとき、そりゃもうすごいことになっていました( ;∀;)

ワカメと呼ばれる、剥がれたカビがうようよ浮いてるんです。発狂もんですよ、あれは。

でも、定期的にやってる&毎日のカビ予防のおかげで、今回はこれだけしか出てきませんでした。

オキシクリーンを使って洗濯槽の掃除。

ちなみに、前回掃除してから3ヶ月経ってます。

結構経ってるはずなのに全然カビが出てこないってことは、日々やってるカビ対策の効果が出てるってこと!嬉しい!何をしているかはまた今度書きますね。

初めて酵素系の洗濯槽クリーナーを使うと、とてつもないカビが浮いてくるはずです。ひたすらごみ取りネットですくって取り除きます。

今は100均で売ってますよね。我が家のもダイソーで売ってたキティちゃんがついたものです。下の子のお気に入りのものを借りました。(掃除が終わったあとにちゃんと除菌してます。笑)

ネットがなかったら、金魚とかすくうフィッシュネットでもいいと思います。

大きいものだと、一気にドバッと取れそう。

買うのがめんどうなら、使い古したストッキングをハンガーに引っ付けてもいいと思います。とりあえずゴミがすくえればなんでも良し。

5.洗う→ゴミをすくうを繰り返す

ある程度カスが取れたら、 また3〜5分洗いコースでまわします。

すると、あら不思議。どんどんカスが出てきます( ´ ▽ ` )ノこんにちは〜

このカスが出なくなるまで、洗う→すくうを繰り返します。

ちなみに、私が初めてやったときは徹夜でした。このせいで熱が出ました。←

6.そのまま一晩おく

ある程度取れたら、蓋をしてそのまま3時間以上は放置。私は、 夜にここまでやっておいて朝まで放置します。

洗濯槽を丸ごと、つけ置き洗いしてるイメージですね。

つけ置き後、朝にもう一度洗いコースをすると、またしてもカスが浮いてきます。前日の夜はそこまで出なかったカスも、朝だとこの通り。

オキシクリーンを使って洗濯槽の掃除。カビが浮いてます

薄い茶色っぽいものが見えますか?そう、これがカビ!!

洗濯槽の裏側にこびりついてたものが、つけ置きすることで剥がれてくるんです。

初めてやるときや、久しぶりにやるときは黒です。THE KABI!という感じ。あなたがイメージしてるカビ、その通りです。

ある程度間隔を開けずにやると、(表現おかしいけど)出来立てのカビなので、写真のような茶色っぽい薄い色。

このカスをまた、ネットですくいます。

7.洗う→ゴミをすくうを繰り返す

はい、またひたすら繰り返します。どんどん出てくるカビに、終わりがない……と、初めてやったときは絶望したほど時間がかかりました。

やっぱり、普段からカビ予防しておかないとアカン。

カスが出なくなるまで繰り返しましょう。とはいえ、全てを取り除くことは不可能に近いので、だいたいでOK!

8.すすぎ・脱水する

ようやくここまできましたね。ここまできたらあと少しです。

すすぎ・脱水して洗濯槽の中をカラにします。

ここでもチェックしてください。脱水の遠心力でカスが洗濯槽の中にひっついてるかも。ティッシュなどで取り除いてください。

9.綺麗な水を溜めて洗い・すすぎ・脱水

洗濯槽の中のオキシクリーンの溶液を排水したら、ごみ取りネットをつけて、綺麗な水を最高位まで溜めます。そして、洗い・すすぎ・脱水という通常コースでまわす。

ごみ取りネットをつけると、カスがネットに引っかかるようになるから絶対つけてくださいね。

10.ごみ取りネットの汚れを取っておしまい

はい、これでおしまい!!お疲れ様でした。オキシクリーンを使って洗濯槽の掃除。ピカピカ清潔になりましたピカピカの洗濯槽に生まれ変わりました( ´ ▽ ` )

もう7年間、ほぼ毎日使ってる洗濯機。毎日頑張ってくれてます。いつもありがとう。

そんな気持ちを込めてお掃除しています。

洗濯槽を定期的に掃除して清潔に洗濯を

以上、オキシクリーンを使った洗濯槽のお掃除のやり方でした。

正直なところ、結構手間がかかるしめんどくさいですよね。

でも、これをやるだけで タオルや衣類のカビうつりの予防にもなるし、臭いも気になりません。

塩素系の洗濯槽クリーナーでもカビは分解されてるはずなんだけど、オキシクリーンは目に見えて汚れが落ちてるのがわかるから気持ちいいんですよね。

綺麗になってることがしっかりわかるから、掃除のしがいもありますし。

今回使ったオキシクリーンは、ほかにも色々な使い方があります。ストックしておいて損はないですよ♪

私はコストコまで行くよりネットで買ったほうが早いしラクなので、もっぱらポチっと購入です。

おすすめの酵素系洗濯槽クリーナー

わざわざオキシクリーンを買うのものな……って人のために1回使い切りの酵素系洗濯槽クリーナーを紹介。

※私は使ったことがないので、レビューが良いものだけをピックアップします。

アリエール。

レビューでは4〜5時間つけ置きしたら驚くほど汚れが取れたと書いてありました。さすが洗濯科学のアリエール。

シャボン玉。

何種類か試して、これが1番取れたというレビューあり。ごっそり取れる!というキャッチコピー通りのようです。

あの有名な激落ちくんの洗濯槽クリーナー。

酵素なのにつけ置きなしという新種です。Amazonのレビューに凄まじい画像がありました。ドラムにも使えます。

スポンサーリンク

まとめ*オキシクリーンで洗濯槽掃除のポイント

    • お湯の温度は50度以上
    • お湯10Lに対してオキシクリーンスプーン1杯
    • 最高位までお湯は溜めるべし
    • あとはひたすらカビをすくう
以上、ぜひやってみてください。あれだけの汚れが落ちると、快感を覚えますよ。私は虜になってます( ´ ▽ ` )

追記:洗濯槽のカビ予防でやっている8つのこと

毎日の洗濯のついでにやっている、洗濯槽のカビ予防を記事にしました。

洗濯槽の黒カビが激減した話*5分で終わる8つのカビ予防を実践中

2017.10.27

8個もあるんですけど、実はとっても簡単なことばかりで、トータル5分ほど。ほんの少しの手間ですが、掃除が圧倒的にラクになります。

ピロピロわかめの発生を少なくするためにも、ぜひやってみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ。▼

【オキシの使い方(2)】お風呂の椅子についた水垢は放置でOK*簡単な掃除方法がこれだ

2017.11.12

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。