シャンプーボトルは使い勝手を重視*おすすめの詰め替えボトルはこれだ

シャンプーの詰め替えボトル、見た目だけで選んだら失敗した……っていう人いませんか?はい、まさに私です。

なにこれおしゃれー!って 深く考えずに選んだら、使い勝手の悪さとお手入れのしにくさに大後悔。毎日ため息もんでした。

そして、今回は機能性でRETTO(レットー)という詰替ボトルを選んだんですが、これが大正解!

子供でも扱いやすい形状だから使い勝手はもちろん、洗いやすい形で綺麗を保てる。しかも真っ白ときたもんだ。

今年買って良かったものNo. 1と言っても過言ではないので、ぜひ紹介させてください。

シャンプー詰替ボトル*RETTO(レットー)

3個セットの白い詰替ボトル(シャンプー・ボディソープ・コンディショナー)

今回購入したRETTO(レットー)。届いた状態がこちら。

3本セットで、それぞれボトルにシャンプー・コンディショナー・ボディソープとラベルがついていて、よりわかりやすくするためにボトルに引っ掛けるタグのようなものがついてます。

プラ容器はやっぱり軽いですね!受け取った瞬間「軽っ!」てなりました。

RETTO(レットー)をおすすめする理由7つ

さっそく、使ってみてわかったおすすめポイントを。なんと7つもありました。

(1)大容量なのにスリム!お風呂の棚にぴったりだった

RETTO(レットー)のスペックはこちら。

  • 幅:8cm×奥行き8.6cm×高さ23cm
  • 容量:800ml
  • 重さ:約130g

容量800mlは、よくある詰替用が2つ入るくらいの大きさ。大容量なのに、意外とスリムなんです。しかも、我が家のお風呂の棚にぴったりのサイズでした。

白いシャンプー詰替ボトルをお風呂場にセットした

お風呂によって棚の大きさは違うけど、ほぼ正方形のような大きさは合いやすいんじゃないかと思います。写真で見てもスリムじゃないですか?

サイズもボトル選びで大事だと思います。以前、サイズを測ってなくて長方形のものを購入したら棚に1つしか入らなくて困りました。結局棚を買い足す羽目に……。( ̄ー ̄ )

我が家の棚にはぴったりサイズでしたが、合わない場合もあるのでしっかり測ってくださいね。

(2)残量がわかる

白くてシンプルなシャンプー詰め替えボトルは残量がわかる

容器は白なんですが、真ん中がクリアなので残量が一目でわかります!これが嫌な人は、写真の1番右のように反対向きにセットすればクリアの部分が裏に向くので、容器は真っ白になりますよ。

シャンプーやボディソープに色がついていて隠したいなってときは、裏向けておけば見えないので自分の好きなようにできるのもいい。

(3)真っ白だから汚れが目立たないし清潔感がある!

モノトーンインテリアの我が家は、浴槽も壁もモノトーンです。今までは黒のボトルを使ってたんですが、なんせ水垢が目立つ……。黒っておしゃれなんですけど、こまめにお手入れしない我が家には不向きでした。

白なら清潔感があるカラーだし、水垢も目立たない色。ちょっとくらいお手入れサボったって平気です。

(4)プラスチックだから軽い!子供でも扱いやすい重さ

以前使っていたものもプラだったんですが、なんか重かったんですよね……。子供が何回も落としていて、わー!って焦っちゃう。

次にシャンプーボトルを新調するときは絶対軽いもの!って決めていましたが、RETTO(レットー)は本当に軽い。自分で棚から出して、使って、しまう。この流れがスムーズになりました。

(5)ポンプ部分が広くて押しやすい

シャンプーボトルのポンプ部分って細いものが多い中、RETTO(レットー)はかなり幅が広いんです。 手のひらで力を分散させて押せるので、手も痛くならないしめちゃくちゃ押しやすい。

白いシャンプー詰め替えボトルはポンプが押しやすい!ワンプッシュ量も適量

子供の手って小さいし力も弱いけど、これは押しやすいみたい。そんなに力もいらないんですよね。

「なんでも自分でやりたい!」という2歳児でも、自分でシャンプーを出して頭を洗っています。この姿、めちゃくちゃ可愛い。

ちなみに、ワンプッシュ量が写真の量です。たっぷり出るので、子供には多いかな。軽く押すだけでも少量出せるので、出したい量は調整できます。

(6)洗いやすいから清潔キープ!

これも譲れなかったポイント。洗いやすいボトルのものを探していました。RETTO(レットー)の注ぎ口はこんな感じですごく大きいんです。

白いシャンプー詰め替えボトルは注ぎ口が広いから洗いやすいし詰め替えやすい

腕がそのままガバッと入る大きさ。 スポンジを突っ込めば中が簡単に洗えちゃうので、衛生面でも安心。使う前に一度洗いましたが、めちゃくちゃ洗いやすかったですよ。

RETTO(レットー)は分解すると3つに分かれるんです。ボトルと、フタ部分と、ポンプ部分。

フタ部分はこんな感じで、パッキンもなければ溝だけ。これも洗いやすい!

白いシャンプー詰め替えボトルのふたは溝だけでパッキンがないので洗いやすい

以前はパッキンがあるものを使っていたんですが、パッキンってカビが生えやすいんですよね……。お風呂を出るときにシャンプーボトルを拭けばいいんでしょうけど、正直子供が2人いるとそこまで手が回りません。

プラ容器だから、もしカビが生えても洗えば簡単に取れます。パッキンだとカビキラーでやっつけないといけないので手間ですが、RETTO(レットー)はお手入れが非常に楽チン!

ちなみに、以前は詰め替え用の袋を切ってそのまま入れられるものを使っていたんですが、中でぐちゃぐちゃになっていました。

子供が落として横になったり、中に水が入り込んだりと原因はいろいろありそうですけどね……。

(7)子供でもわかりやすいラベル表記

RETTO(レットー)には、カラフルなディスペンサーマーカーというものがついています。

白いシャンプー詰め替えボトルの付属、ディスペンサーマーカー

ボトルにもそれぞれ表記してあるんですが、英語なので子供は読めません。でもこのマーカーをつけるだけでほら!わかりやすい!

白いシャンプー詰め替えボトルにタグをつけるとわかりやすい

ピンクがシャンプー、青がコンディショナー、黄色がボディソープ。

それぞれ色で覚えられるので、子供でも覚えやすいんです。最初は「どれ?」って迷ってたけど、毎日使い続けるとすぐ覚えますよ。子供の吸収力はすごい!

正直こんなカラフルなものはつけたくなかったんですが(笑)子供でもわかりやすいようにつけることにしました。

シャンプーの詰め替えボトルは使い勝手が大事!

記事内でもちょくちょく出てきましたが、以前使ってたシャンポーボトルの使い勝手は非常に悪かったんです……。毎日使うものだからこそ、機能性を重視して選ばないといけないなって気づきました。

RETTO(レットー)を使いだして1ヶ月くらい経ちましたが、 毎日快適!本当に使いやすい!!お手入れしやすい、子供でも使いやすいという点でも100点満点のシャンプーボトルでした。

これで長持ちしてくれたら最高ですね。もし壊れたらまたレビューします。

シャンプーの詰め替えボトルってたくさんあるから、どれにしようか悩みがち。私も悩んで悩んでRETTO(レットー)にしましたが、とにかくおすすめ!使ってみて初めてわかる良さ、伝わりましたでしょうか。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。