以前、2回目の真珠腫性中耳炎の手術をするよーという記事を自分で書いたくせに(笑)以降のことを書いてなかったのでまとめておきます。

今までの真珠腫記事はこちら▼

2回目の真珠腫性中耳炎の手術

まさかの切って開けただけ!再発なしですぐ終了

「前回(去年)取り切れなかった部分を今回(今年)取りますね」っていう説明で、今年手術を行ったんですけど、、、

中を見ても真珠腫は再発していなかったし、去年鼓室形成した骨もそのままの状態、つまり崩れることもなく残っていたので、何も触っていませんと言われました。

つまり、耳切ってぱかっと開いて、一通り見て終了したそうです。

そのおかげで手術自体も早く終わって、確か1時間もかかってない記憶があります。

終わりましたって看護師さんに呼ばれて、手術室の前に行くと担当医の方がいて「大丈夫でした」と言われました。

あや
これにはほっと一息……担当医に深々と頭を下げながらお礼を言って、同時に「あれ?」と拍子抜けしたのを覚えています。笑

このときの息子はまだ全身麻酔の影響で寝ていたんですが、物音で起きてしまって……ここから悪夢が再び始まりました。

術後の悪夢|痛い・喉が乾いたと叫ぶ子どもに親ができることとは

去年も経験していることですが、この術後の時間が1番辛いですね。子どもが苦しんでる、痛がっているときに、何もできない自分。

耳の後ろを切って縫っているんですが、術後の姿を説明するとこんな感じです。

  • 切って縫った耳の後ろ側にガーゼ
  • 耳の穴の中にはガーゼが詰まってる
  • 耳を覆うようにガーゼ
  • 包帯で頭一周グルっと固定

この包帯が痛いみたい。取れないように、ガッチガチに固定してあるんですよね。

痛いから緩めてって、泣きながら言うんですけど、できないじゃないですか。

ガーゼ取りたいって泣いてるけど、できないんですよ。

あや
この時間が本当にもうね……地獄ですね。

手術時に喉に管を通してるからその違和感と、泣き叫ぶから喉が乾くんでしょうね。

でも、全身麻酔後は一定時間経過しないと飲食できないんですよね。

水!お茶ー!!って叫ばれてもね、何もあげれないんですよ。。

当時7歳だったので、ガーゼが取れないこと、飲食できないことは子ども自身もわかってます。

去年も経験してるし、手術前にも、なんなら1年前から伝えてきました。

それでも、子どもはパニックになってるんですよね。

私も、いつもとは違う子どもなんだ、今は取り乱してるんだっていうことは頭ではわかってます。

「できないんだ、ごめんね」って言いながら、痛みが落ち着くことを待つしかできないんです。

これが本当に辛い。

あや
去年同様、子どもと2人で泣きました。笑

あ、うちの旦那ですか?出張で不在でした。私もビックリしましたよ。(当時はTwitterで愚痴をつぶやいていました。)


私は基本的に寝たら忘れるタイプなんですけど、今回は下の子も大変だったし……こんな日まで不在だったことは一生忘れないと思います。(恨)

手術日の夜9時過ぎに病院に到着したので交代したんですが、その頃には痛みも落ち着いて、普段の子どもに戻っていました。

つまり、1番大変なときに不在だったということですね。(これは根に持ってます。w)

手術して4日後に退院!

去年は鼓室形成をしたのでしばらくは病室でじっとしていましたが、今回はどこもいじってないので制限もなくとにかく元気。

小児病棟だったのでプレイルームが病室の横にあり、朝から晩まで通いつめていました。

そして、手術日は私の実家に泊まった3歳の下の子ですが、たった1日だけど私と離れたことによって情緒不安定になってしまったんです。

保育園でも突然シクシクと泣き出したり、保育園のお迎えも私の親に頼んだんですけど大泣きだったそうで……。

結局泣き止まないからって病院に連れてきてもらったんですが、私の手を離さなくなっちゃって。。

3歳が必死に我慢して泣いてる姿とか、私の近くから離れない姿とか、もうだめ、泣ける😭

あや
手術をした子どももだけど、みんなが頑張ってるんだよね。。。

私がもう1人欲しい!って、本当に思いました。

まぁでも私は1人しかいないし(旦那もいないし)、担当医に自宅で大人しくさせておくから早めに退院させてほしいってお願いしました。

その結果、術後4日にして退院できました!

わりと若い先生だったんですけど、長男と同じくらいの年の子がいるそうで、話の通じる先生だったので良かったです。(融通がきかない、頑固ですぐ怒る先生も中にはいるじゃないですか。笑)

早めの退院は本当に助かったし、親切で優しいあの先生に担当してもらえて良かったなって思ってます☺️

退院できたとはいえ抜糸もまだなので、傷口を濡らさずにシャワーを浴びるのが少し大変だったけど、それでも病室よりははるかにいい。

下の子も私と一緒に自宅に帰れて、すぐに落ち着きましたし。

そして、手術日の1週間後に外来の予約をして、その日に抜糸をしてもらいました。

真珠腫手術はひとまず終了*思ったこと

抜糸をすれば通常の生活に戻れたから良かった

こうして真珠腫性中耳炎の手術はひとまず終わったんですが、去年の手術は鼓室形成をしていたので暴れない、走らないなどの指示がありましたが、今年は抜糸さえしちゃえば今まで通りの生活ができました。

本人も元気が有り余っていて、抜糸前でも家の中で走ったりすることもありました。💧

すかさず「耳が取れるよ!!」と私が言うとおとなしくなるんですけどね。w

今年は運動会も全種目出れたし良かったなぁって思いました。

(去年は制限がありました。こちらの記事でも書いています。)

聴力回復はまだわからないけど、日常生活は問題ない

手術をして、1週間後に抜糸で受診したときに「傷口も綺麗なので次は冬休みに見せてください」って言われました。(手術は夏です)

術後はまだ1回も聴力検査をしていないのでどうなっているかはわからないけど、今は傷口もほぼ目立たなくなってきているし、毎日元気に過ごしています。(2018年12月現在)

また冬休みに受診したら、どんな検査をしたのか追記しようと思います。

でもね、なんだか歌が上手になったような気がするんです。(今までは聴力が悪かったので音痴でした)

だから、もしかしたら聴力が回復しているのかも?って淡い期待をしています😊

真珠腫は再発しやすい病気|今後は定期検診で検査します

担当医に、真珠腫は再発しやすいと聞きました。特に5年、術後5年はしっかり検査していかなくちゃいけないそうです。

今、治ったと思って検査を受けないと、再発してまた手術……というケースもあると言われました。

今後は学校に響かないよう、春休みや夏休み、冬休みなどの長期休暇を使って検査をするそうです。

とりあえずひと段落したのかなというホッとした気持ちと、再発する可能性はゼロじゃないということで油断できないなという気持ちで、落ち着けない微妙な心境ではありますが……

あや
それでも、手術の予定がないだけで嬉しいんですけどね。

この記事でも書いてますが、うちは就学前検診の聴力検査で引っかかりました。

当時は「うまく検査できてないだけかも?子どもはよくあることだからね〜心配だったら耳鼻科で検査してね」って感じで、軽く言われただけでした。

12月だったし、「忙しいからまぁいいか」「どうせ子どもがうまくボタン押せてなかっただけでしょ」って思っていました。

でも、なんとなく気になって耳鼻科に連れて行ったんです。

その結果がこれですよ、大きな手術になりました。

当時耳鼻科を受診していなかったら、どんどん進行していたはず。

今頃はもっと聴力が悪くなっていたかも、もっと大掛かりな手術になっていたかも、もしかしたら手遅れだったかも……って思うとゾッとします。。

何か少しでも気になったことがあったら、すぐに病院を受診することが大切ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🌸