子供が小さくても単身赴任は乗り切れる!ワンオペ育児妻がメリットを語る

こんにちは!子供は7歳と2歳の2人、単身赴任歴約5年になる在宅主婦ライターAyakaです。

夫の単身赴任が決まったとき、漠然と「これからどうしよう」とか「私一人で大丈夫かな」って不安に包まれていたし、単身赴任で夫がいないって話すと、だいたいの人に「大変ね」って言われます。

今まさに単身赴任が決定したという家庭なら、きっと大きな不安に包まれていると思います。私も下の子が小さいときは、辛くて辛くて……子供と一緒に何度も泣きました。

でも、実際我が家は5年以上単身赴任ですが、デメリットもあればメリットもたくさんあるって気づいたんです。

デメリットを挙げればキリがない単身赴任。でも、前向きに考えれば「あれ?意外と単身赴任っていいじゃん」と思えるはずです。

子供が小さいからこそ、考え方を変えて単身赴任を楽しみましょう。

スポンサーリンク

単身赴任のメリット*妻のペースで家庭をまわせる

日常面でのメリットは、一言で言うと「私(妻側)のペースで動ける」ということです。

夫のご飯は考えなくていい

我が家の夫は、いわゆるブラック企業に勤めているので(笑)帰りは非常に遅いです。22時でも早いほうで、だいたい23時をすぎます。

単身赴任じゃなくてもワンオペ育児だったので、どちらかと言えば単身赴任のほうがラクだってことに気づきました。

夜遅い時間からご飯を温める必要もないし、子供のご飯さえ用意しておけばいいんです。

ご飯の準備をしてから「今日は外で食べてくるから」っていうの、良くありますよね。突然決まる飲み会とか。そういうのも単身赴任だとないので、すごくラクなんです。「作っちゃったじゃん!」ってこともありません。

私と子供だけの食卓は、量も少なくていいしご飯作りもめちゃくちゃラクなんですよ。

気軽に実家に行ける

幸い、私は実家・義実家の近くに住んでいます。両親・義両親バリバリと働いていますが、母が休みの日は子供たちを連れて実家によく行きます。

孫の顔を見て喜んでくれるし、実家に行くとついでにご飯を食べさせてくれるので、私も非常に助かります。

平日に実家に行こうと思ったら、「夫のご飯を用意して、夫が帰って来る前に子供を寝かして……」って、なんだか微妙だったんですが、ご飯を作らなくても問題なし!なんなら、子供たちのお風呂だって済ませて帰って来る日もあります。

こうして自由に動けるのも、単身赴任のメリットだと思います。

洗濯物が少ない

夫一人いないだけで、こんなに違うのか!と思う洗濯物。我が家は特別かもしれませんが、夫は朝と夜2回お風呂に入るのでバスタオルが1日2枚出ます。

これがないだけで洗濯物は少ないし、子供の服は小さいのでかさばらないのもあって、洗濯は2〜3日に1回でも良い時期もありました。

バスタオルはなくても、仕事で着る衣類、靴下やパンツ・下着・パジャマなど、夫の洗濯物がないだけで洗濯物が非常に少ないというメリットもあります。

家事をサボっても文句を言われない

夫は幸い、家事・育児に口出しはしませんが、家が散らかってることに文句を言う旦那さんが世の中にいるとか。

ママ友から聞いたんですが、「仕事から疲れて帰ってきて、家が汚いと余計疲れる」って言われたと……。

そもそも、そのママ友だって働いてるんですけどね。「じゃあお前がやれよ!」と声を大にして言いたいんですが、そういうわけにもいかないようで。

毎日朝から夕方まで働いて、子供を迎えに行ったら大急ぎでご飯を作り、お風呂に入れて宿題を見て、寝かしつけて、なおかつ家をピカピカに保てと……。

そんな生活してたら奥さん倒れますよ。少しは息抜きさせてあげてくださいな。

とりあえず、単身赴任だと文句を言う人がいません!これは意外なメリットでした。

単身赴任のメリット*子供のペースを乱さない

健康的な生活ができる

子供が小さいと、「寝かしつけてるときに夫が帰ってきて、目が覚めたみたい……」あるあるですよね。こういうのは、当たり前ですけど単身赴任なら一切ありません。

長男が小さい頃は単身赴任じゃなかったので、このケースは何度かありました。覚醒しちゃって深夜12時まで寝ないとか……翌朝白目ですよ。(汗)

子供が寝る時間はだいたい9時前後の我が家ですが、ペースを乱されることはないので健康的な生活ができています。

母親だって、子供が寝た時間に一緒に寝ることだって可能。 夫の帰りを待つ必要もないので、私は子供が寝るまでに最低限の家事を終わらせておき、疲れが溜まっている日は子供と一緒に寝ちゃいます。夜泣きがある頃は、しょっちゅう子供と一緒に寝落ちしていました。

ワンオペ育児でも翌朝スッキリ、睡眠時間も確保しやすいんです。

転校がないから子供の環境を保てる

我が家が単身赴任を選んだ最大のキッカケは、マイホームを持ってしまったからなんですが、子供はよく近所の子供たちと遊んでいました。

せっかく仲良くなった友達と離れ離れになるのは、幼い子供心を考えるとやはりかわいそうです。

現在長男は小学校1年生ですが、お友達が引っ越し&転校が決まった子がいるようで「もう遊べないんだよね?」と私に聞いてきました。

転校する子、見送る子、どちらも寂しいんですよね。 住み慣れた環境で過ごせる・転校の心配がないというのは、単身赴任の最大のメリットだと思います。

小学校高学年にもなると、LINE関係のトラブルが多いと聞きました。グループLINEから外したり、グループLINEで特定の子の悪口のやりとりをするとか……。

転校して新しい環境に馴染めるのか、それは子供自身の性格が大きいと思います。

高学年にもなると親としてできることは正直少ないと思うので、なるべくトラブルを避けてあげることが大切ではないのかなと。

父親と離れて寂しいっていうのは、子供は最初だけなんです。

夫は毎週、もしくは隔週帰って来るからかもしれませんが、帰って来るのを楽しみにしている姿は微笑ましいですよ。

習い事の送迎もしやすい

子供が習い事を始めると送迎もあります。現在、長男のお迎えが夜の8時の日があるんですが、こういうのも夫のことを考えなくていいからラクですね。

体を動かす習い事なので、軽くご飯を食べさせ習い事に送っていき、帰ってきたらまたご飯を食べさせる……という感じですが、これは夫のご飯を用意しなくていいからできてるかも。

夫がいると倍量は作らないといけないし、単身赴任じゃなくても夫の助けは得られないので送迎は私だし。

下の子が小さいときはやっぱり大変だったけど、2歳半の今は全然問題なくできております。

単身赴任は夫婦関係も良好になる

喧嘩のきっかけがないから喧嘩しない

毎日顔を合わせてると、ちょっとしたことでイライラしませんか?はい、私です。(笑)

「なんで家事してくれないの」「なんで子供の世話してくれないの」「なんで服脱ぎっぱなしなの」そんな気持ちから、イライラして夫婦喧嘩になりがち。

夫が家にいると、どこかで期待しちゃうんですよね。家事や育児をやってくれるかなって、淡い期待をするんですけど、期待はずれだからイライラする。

単身赴任はまず期待もしないので、イライラすることもありません。そして、一緒に過ごす時間も少ないから喧嘩するキッカケもないんです。

たまに、「自由に一人で過ごせていいよね」って思いますが(笑)その辺は夫が帰ってきたときにカバーしてもらいます。

先日、下の2歳児がだいぶ落ち着いたので、約3年半ぶりに友達と飲みに行きました!楽しかった〜

こういう息抜きがあるから、妻側も頑張れるんですよ。

お互いに感謝の気持ちをもつ

単身赴任は、家に夫がいることが珍しい。毎日顔を合わせてると、慣れてしまって感謝の気持ちも薄れるけど、単身赴任は感謝の気持ちが常にあります。

遠く離れた地で、毎日仕事をして一人暮らしをしている夫。私はありがたいと思っているし、夫もまた、子育て・家事をこなしながら仕事をしている私に「ありがとう」と良く言います。

こういうのは、言葉で伝えることも大事ですね。

スポンサーリンク

考え方を変えて単身赴任をメリットにする

私は下の子妊娠中、切迫流産・早産だったので、そのときは夫に自宅から通えるようにしてもらっていましたが、下の子が産まれて3週間で単身赴任が再開しました。(里帰りなし)

生後3週間なんて首も座ってないし、夜は2〜3時間おきに起こされ、上の子のお世話もあるしで、単身赴任であることを憎んでいました。

でも、憎んだって、イライラしたって、夫に不満をぶつけたって、なにも変わらないんです。だったら自分の考え方を変えようと思って、単身赴任のいいところを探すようになりました。要は考え方・捉え方なんです。

う◯こ踏んだって、「最悪!」と思うより、「運がついたわ!ハハハ〜」って笑えるくらい心にゆとりがあるほうが、生きてて楽しいですよね。

今はそんな下の子も2歳半になり、夜もぐっすり寝るしご飯も自分で食べるし、会話もできるようになってきました。育児で大変なのは、まさに小さいときだけ。

子供が大きくなるにつれて、違う悩みは出てくるけど、「ご飯食べる時間がない!トイレもまともに行けない!」なんて日はなくなります。

単身赴任が決まって、お先真っ暗……なんて思わないでくださいね!私は逆に、子供とのびのび自由に過ごせてるって思って、単身赴任を楽しんでますよ♪

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。