愛用品をまとめた「楽天ROOM」はこちら >

マドカズラをお迎え。育て方と成長記録まとめ

観葉植物に目覚め、少しずつ増やしているあや(@ayahome)です。

ずっと欲しかったマドカズラ。

モンステラの仲間で、葉に窓のような穴が開いているのが雰囲気があって可愛いしかっこいい!!

小さめの可愛いマドカズラに出会えたので購入し、冬でも新芽をたくさん出してスクスク育っているので育て方と成長記録をまとめました。

目次

マドカズラの育て方と特徴

マドカズラの育て方と成長記録
科名属名サトイモ科モンステラ属
原産地中央アメリカ
耐陰/耐寒性強い/やや弱い
特徴暑さに強く寒さに弱い。葉に穴があいている

マドカズラはモンステラの仲間で、名前の通り葉に窓のような穴が開いているのが特徴。

サトイモ科は樹液にシュウ酸カルシウムを含んでいて、猫や子供が口に含まないよう注意が必要です。

耐陰性はあり。明るい日陰に置く

マドカズラの育て方と成長記録

マドカズラは熱帯雨林の下草的な感じで自生しているので、強い日差しが苦手で耐陰性もあります。置き場所は、本が読める程度の明るさで大丈夫。

しかし、マドカズラは日当たりが悪いとこのように葉の穴が少なくなるようなので、様子を見て置き場所を決めるといいと思います。

マドカズラは日当たりが悪いと穴が少ない

暑さには強いので屋外でも育てられますが、寒さには弱いので要注意。10℃以下になると枯れる可能性があるので、寒くなったら室内で管理します。

水やりは土が乾いたらたっぷりと。葉水を与える

マドカズラの育て方と成長記録

マドカズラは熱帯地方に生息する植物なので乾燥を嫌い、高温多湿な環境を好みます。

土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れるまで与えます。鉢の中の空気の入れ替えでもあるので、冬はキッチンへ持って行ってジャーっと水やりしています。(暖かくなったらお庭でやります)

葉が乾燥しないようこまめに葉水を与えるのが大事なので、私は朝夕の1日2回葉水をしています。

葉水に使っているのはアイビルエアリーミストスプレー↓ミストが細かいのでベタベタにならず満遍なく水を与えられるのでおすすめです。

肥料は春〜秋の生育期に

マドカズラの育て方と成長記録

マドカズラは肥料がなくても成長しますが、春〜秋の成長期に肥料を与えるとより育ちます。

緩効性肥料なら1ヶ月に1回ほどのペースでOK。緩効性肥料は、置くだけでいい観葉植物用プロミックなどですね。

我が家は猫がいるので、誤飲防止のために固形ではなく液体肥料を使っています。

液肥は7〜10日に1回、水やりのときに与えます。

植え替えは水はけのいい土で、メネデールを与えます

マドカズラの新芽
くるくるになっている新芽が可愛い

プロトリーフの粒状かる〜い培養土を使って植え替えました。

この土は水はけが良く、水をあげるとジャーっと流れ落ちるし軽いのでお気に入り。

植え替え後は根へのダメージを考慮して、1ヶ月間水やりのときにメネデールを与えています。

マドカズラの成長記録。伸びすぎ!

マドカズラ

購入時はこんなにコンパクトだったマドカズラ。

その後、新芽がどんどん展開してこんな姿に!

伸びすぎたマドカズラ

伸びすぎ!まだ3週間しか経ってないのに!!笑 しかも今1月なのに!!

マドカズラはカットした茎を水につけておけば根が出るので増やせるので、春になったらやってみようと思います。

冬でもスクスク育つ植物たち↓

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次