【Web内覧会 寝室】セカンドリビングとメイクスペースを作ったこだわりインテリア

こんにちは、あや(ayahome77)です。

2013年に注文住宅で一戸建てを新築した我が家ですが、寝室には以下のこだわりを詰め込みました。

  • 落ち着いて過ごせる色合い
  • 床材は無垢
  • 子供が大きくなったらセカンドリビングとしても使いたい
  • 私のメイクスペースも寝室内に
  • メイクスペース横にはウォークインクローゼット

そんな我が家の寝室をブログでご紹介します。

【Web内覧会】17.5畳の寝室にセカンドリビング

我が家は3LDK、現在は子供が2人いるので4人暮らしです。

部屋数を減らして寝室を広めにとったことで、

  • セカンドリビング
  • 私のメイクスペース
  • ウオークインクローゼット(3畳)

の3つをひとまとめにできました。

これだと3LDKでも全く問題ないし、同じ部屋内(寝室)でいろいろなことができるのですごく便利です。

子供達が大きくなったら、お風呂出てから寝るまでは寝室でのんびり過ごしたい!という願いを込めてこんな形にしました。

セカンドリビングと寝るスペース(ベッドスペース)は、こうして低めの壁で仕切りをつけました。

高さは1.5mの木の壁。2つついてるのは照明です。

あや
この照明、可愛くてお気に入り!

奥のダウンライトがある方がセカンドリビングになっているんですが、壁を横から見た感じはこちら。▼

セカンドリビングは、ソファ・テレビ・冷蔵庫を置いて……って頭の中でイメージしていたのに、今は私の仕事スペースになっています。笑

寝室にあるデスク。仕事・作業スペース

このレイアウトは子供たちが大きくなるまでの今だけ。

ゆくゆくはセカンドリビングにして、お風呂上がりは寝室でまったりと過ごせちゃうようにする予定です!(いつになるのやら……。)

寝室の壁紙はアクセントクロスを使っておしゃれに

1階はモノトーンのモダンインテリアを意識していますが、寝室はリゾートインテリアを意識してブラウン多めです。

ベッドが置いてある真正面にサンゲツのヤシ柄アクセントクロスを使いました。

寝室のアクセントクロスはリーフ柄でアジアンインテリアに

クロスを一面変えるだけで印象がかなり変わります。

2階のトイレもリゾートインテリアにしているので良かったら見てみてください▼

茶色ベースなので寝室は落ち着いてゆったり過ごせています。

寝室のカーテンは紫に。カラーで遊んでみた

1階はモダンインテリアをイメージしたから全てホワイトのカーテンですが、2階の寝室のカーテンは変えようと思っていました。

でもリゾートインテリアのことを全然知らなかったし、何色にしようかと散々迷った挙句、選んだ色はド派手なパープル。

紫のバーチカルカーテン

ブラウンとパープルって意外と合うし、インパクトにもなりました。んです。インパクトにも寝室だからこそ冒険できたかもしれません。

あや
普段は誰も入らない寝室だからこそ冒険してみました。

パープルのカーテンは遮光なので昼間は結構暗くなります。

寝室のバーチカルカーテンは紫の遮光

ちょっとだけ、エロチックじゃないですか?(真昼間ですけど。笑)

寝室にちょっと雰囲気を出したい人にには紫、おすすめです。カーテンで遊ぶのもなかなか楽しいです。

寝室の床材は無垢のフローリングに

寝室の床材にもこだわって無垢のフローリングにしました。

無垢と言っても普通のフローリングじゃなく、ナミナミデザインの少し変わっている床材を選びました。

デコボコしていて、普通のフローリングとは一味違うもの。見せた知人全員に「おしゃれ!」と言っていただけました。(嬉しい!)

この凸凹の無垢の床材は「植松産業の無垢フローリングのボルドーパイン」というもの。

あや
この床材だけでもリゾート感がアップしました!

こだわっている寝室だからこそ、普通のフローリングじゃ味気なかったと思うし、値段は高かったけどボルドーパインにして良かったなって思います。

あえてデメリットを挙げるなら、

  • 掃除機をかけるとガラガラうるさい
  • クイックルワイパーじゃホコリは取れない

っていうところですかね。

我が家はダイソンでお掃除していますが、うるさいながらもしっかりホコリは取れているので問題ありません。

寝室のベッドスペースはセミダブル2台がぴったり入る設計

17.5畳の寝室に腰壁をつけ、セカンドリビングとベッドスペースを分けている我が家。

ベッドはセミダブルを2台置きたかったので、ベッドスペースはセミダブル2つ並べてぴったりになるよう設計してもらいました。

スッキリ見せる寝室インテリア。茶色と白ベースで

(私の守り神である一筆龍が目立ちますけどね。1番長い時間過ごすのは寝てる時間のベッドだ!というわけでここに飾ってますが、インテリアは無視してます。皆さんもスルーしてくださいまし。)

セミダブル2台でぴったりの設計は子供がベッドから落ちないし良かったんですけど、ベッドの両側が壁になるので正直狭いというか圧迫感があります。

なのでベッドはローベッドを選び、広く見せながら圧迫感をなくしています。

そしてシーツは白にして、清潔感を出しながらもスッキリ。白の寝具も広々と見せるポイントです。

ガーゼケットニトリの布団カバーも白で統一感を出してます。

シンプルで大好きな白だけど、子供が鼻血を出すと大変なことになりますね、血の海です。笑

寝室はおしゃれながらも、心地よく寝ることを優先しました

寝室のベッド

普段は長男の目覚まし時計とお人形が並んでいます。笑

以上、我が家のこだわりの寝室Web内覧会でした。寝室ってあまり人に見せることがないのでなんだか照れますね。

物をあまり置きたくない私だから、壁と床とカーテンでアクセントをつけて「できるだけスッキリ・だけどおしゃれ」にしたつもりです。

というか、寝室に何か置いてあると子供達が遊び出して結果的にハイテンションになり、寝かしつけも大変になるので出来るだけ何も置きたくないのです。笑

家を建てるときは寝室を半分にしてもう一部屋作るか迷いましたが、快適だし冷暖房代も節約できるし寝室を広々取って大正解だったと5年たった今でも思えます。

カーテンと壁紙と床材、どれもアクセントをつけやすい方法なので、注文住宅を考えてる人の参考になれば幸いです。

PICK UP