5Lのパストリーゼを無印のアルカリ電解水詰め替えボトルに入れています

以前から私のブログでよく登場するパストリーゼ。今回は野菜室の中身を全て出して掃除し、除菌に使いました。

しかし、パストリーゼは使えない場所もあるので、今回は自分への覚え書きとしてもパストリーゼの使い方をブログでまとめたので参考にしてください。

created by Rinker
ドーバー酒造
¥751 (2019/08/18 08:14:09時点 Amazon調べ-詳細)

パストリーゼが使えないもの(向いていないもの)

パストリーゼは、100%サトウキビ由来で、酒造メーカーが出してる除菌スプレー。緑茶から抽出した高純度緑茶カテキンを使ってるから、 よくあるアルコール除菌よりも長時間効果が続くという特徴があります。

 食品に直接噴射できるくらい安全で、厚生労働省が食品添加物として許可を出している成分だから、万が一口に入っても問題ないということで安心感がありますね。

でも、残念ながら使えないものもあります。

  1. フローリング
  2. 塗装してあるもの
  3. 樹脂
  4. ゴム
  5. 皮革製品

特に、ワックスをかけてるフローリングは、パストリーゼを使うとワックスが取れてしまうとか。

我が家はワックスをかけていないのでわかりませんが、フローリングに使うときは気をつけて。

でも、我が家のリビングの床はタイルのようなフローリングなんですが、先日パストリーゼを使って床を拭いたんですけど、全然大丈夫でした。ピカピカになりました。

モダンインテリアのリビング

とはいえ、フローリングに影響が出ないとは言い切れないので自己責任でお願いします。

パストリーゼが使えるもの。我が家での使い方

一方で、シュッシュとスプレーするだけで除菌ができるので我が家では大活躍。

私の使い方を簡単に書いてみました。

  • キッチン(人工大理石)掃除に
  • 冷蔵庫の中の掃除
  • 窓・鏡面掃除に
  • 靴に振りかけて消臭
  • 布団やシーツ、枕に

などなど、家中に使っています。

パストリーゼは使用期限がない*大容量だとお得で安い

パストリーゼは食品添加物と同じ。ということは、すぐに使い切らなきゃいけないのかなって思ったんですが使用期限はありません。

買ってからしばらく経っても、抗菌力は変わらずずっと使えます。

パストリーゼは500mlのものから15kgのものまで販売されているんですが、我が家が購入しているのは5Lの大容量。

楽天で購入したパストリーゼ5L

たくさん入っているので高く感じますが、意外とそんなことないんです。計算すると、よくある除菌スプレーとさほど金額は変わらないんですよね。

パストリーゼの詰め替えは無印のアルカリ電解水クリーナー専用ボトルを使用

でも5Lそのままでは使えないので、無印の詰め替えボトルに分けてから使っています。

5Lの大容量パストリーゼには、注ぎ口が突いてきます。

パストリーゼ5Lは注ぎ口が付属であるから詰め替えも簡単

蓋を開けて注ぎ口を差し込み、詰め替えるだけ。簡単です。

残ったパストリーゼを収納するときは、この注ぎ口は外して蓋をします。

注ぎ口はこんな風に、持ち手に固定することができるから無くす心配もないですよ。

5Lのパストリーゼは注ぎ口が付いてるから詰め替えもラク
容量が少ないものだとすぐになくなるけど、5Lのものを使い出してからは買い物の手間もないし、ラクチンになりました。

私が使ってる詰め替えボトルは、無印のアルカリ電解水クリーナー専用ボトル。

パストリーゼ5Lを楽天で購入して無印のボトルに詰め替え

無印のこの詰め替えボトルの材質はポリプロピレン、パストリーゼのボトルはPE。一見違うんですけど、とっても似た材質なので問題なく使えています。

でも、パストリーゼの詰め替えに 100均で売ってる「PET」容器は絶対だめ!穴が開く可能性があるので注意してください!

無印のポリプロピレンで今のところ問題なく使えてますが、これは自己責任でお願いします。